/

この記事は会員限定です

[社説]首都直下地震の被害はさらに減らせる

[有料会員限定]

東京都が25日、首都直下地震の被害想定を10年ぶりに見直した。この間、ビルや住宅の耐震化が進み、都内の死者や建物の倒壊はこれまでより減る想定になった。望ましい傾向だ。

一方で高齢者や高層マンションが増えたことなどで避難生活の課題は増えている。減災に終わりはなく、対策を着実に進めれば、被害はさらに減らせる。政府や自治体はもちろん、私たち一人一人が不断の備えに努めたい。

被害想定は都内が対象だ。震源...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り727文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン