/

この記事は会員限定です

[社説]安倍氏の道義的責任は重い

[有料会員限定]

安倍晋三前首相が25日、衆参両院の議院運営委員会で、自身の後援会が主催した「桜を見る会」前夜祭をめぐる質疑に臨んだ。

参加費の補塡や政治資金収支報告書の不記載は「知らなかった」と釈明したが、現職の首相として事実に反する国会答弁を繰り返した道義的な責任は重い。今後も真相究明と国民への説明の努力を続けていく必要がある。

安倍氏はこれまでの国会での説明について「当時の私の認識の限りにおいて答弁したが、結...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り573文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン