/

この記事は会員限定です

[社説]菅政権は選挙全敗を真摯に受け止めよ

[有料会員限定]

自民党が参院の補欠選挙と再選挙でいずれも敗北した。候補を立てなかった衆院補選と合わせて3戦全敗の厳しい結果となった。

「政治とカネ」の問題や新型コロナウイルス感染症の対応などへの有権者の批判のあらわれといえる。菅政権と与党は結果を真摯に受け止め、丁寧な姿勢で信頼回復に努めるべきだ。

今回の選挙は昨年9月に菅政権が発足してから初の国政選挙だ。これまでの政権の評価が焦点となり、秋までにある衆院選の前哨...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り703文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン