/

この記事は会員限定です

[社説]日米豪印を軸に中国抑止の重層的連携を

[有料会員限定]

日本、米国、オーストラリア、インドが初の対面による首脳会議を開き、首脳・外相会議の毎年定例化などの共同声明を発表した。権威主義の動きを強める中国をにらみ、自由や民主主義、法の支配を重んじる主要4カ国が手を携えて抑止力を高める意義は大きい。

日米豪印の枠組みは「Quad(クアッド)」と呼ばれる。東・南シナ海での海洋秩序への挑戦に対抗すると宣言し、インフラ整備や宇宙分野、先端技術の設計・開発などの連携...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り722文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン