/

この記事は会員限定です

[社説]リニア実現へ早期の合意を

[有料会員限定]

南アルプスを貫くリニア中央新幹線のトンネル工事の影響をめぐり、国土交通省の有識者会議は静岡県が懸念する大井川の水量は維持できるとの報告書をまとめた。地下水の変動についても影響は極めて小さいと評価した。

水やトンネルの専門家を集めた同会議の結論には重みがある。国と県、事業主体のJR東海は残された課題の検討を急ぎ、早期の合意形成をめざしてほしい。

東名阪を高速で結ぶリニア新幹線は、日本の「もう一つの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り566文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン