/

この記事は会員限定です

[社説]放送行政に疑念招いた責任は極めて重い

[有料会員限定]

浮かび上がったのは、とうの昔に決別したはずの行政と業界のなれ合いの構図そのものである。

総務省は24日、菅義偉首相の長男が勤める放送関連会社「東北新社」から過剰な接待を受けた幹部11人を国家公務員倫理規程違反で処分した。放送行政への信頼を損なうゆゆしき事態であり、接待した会社側の目的を含めた事実解明を急ぐ必要がある。

東北新社による総務省職員の接待は2016年以降、のべ39件にのぼった。うち21件に首相の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り735文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン