/

この記事は会員限定です

[社説]大きな転機迎えた米独禁政策

[有料会員限定]

米国で、約40年間不変だった独占禁止政策の基本方針を見直す動きが加速してきた。グーグルやアマゾン・ドット・コムなど巨大IT(情報技術)企業の市場支配力増大が引き金だ。

バイデン大統領は、反トラスト法(独占禁止法)の執行機関である連邦取引委員会(FTC)の委員長に、巨大ITの分割を提唱するコロンビア大学准教授のリナ・カーン氏を起用した。独禁政策担当の大統領特別補佐官にも改革派の学者を任命した。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り573文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン