/

この記事は会員限定です

[社説]TPPの中台申請、原則重視で議論を

[有料会員限定]

台湾が環太平洋経済連携協定(TPP)への加盟を正式に申請した。すでに申請済みの中国は強く反発しており、中台の対立が協定の将来に影響を及ぼす恐れがある。現在、議長国である日本は、自由貿易の高い理想を掲げるTPPの発展に向けて、今こそ主導権を発揮すべきだ。

台湾の申請に茂木敏充外相と加藤勝信官房長官は歓迎を表明した。加藤氏は「協定上は新規加入の対象を国または独立の関税地域と規定している。台湾加入は協定...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り729文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン