/

この記事は会員限定です

感染第2波で見えたインド新興企業の生命力

経営の速さと柔軟性、危機でも生きる

[有料会員限定]

新型コロナウイルス感染爆発の第2波に見舞われたインドで、したたかに生き抜いているスタートアップがある。2020年の第1波とは比べものにならないほど危機的な状況に直面しているが、昨年の間にコロナ禍の「ニューノーマル」に適応した経営にいかに速く柔軟に切り替えられたかが、大きくものをいっているようだ。

「同僚やホテルオーナーに犠牲者が出て、第2波は本当につらく悲しい」ーー。

5月21日、「アジアの未来...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1502文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

スタートアップGlobe

中国の「36Kr」、シンガポールの「ディールストリートアジア」、米国の「CBインサイツ」という日本経済新聞社と協力する3媒体の情報を集めた新コーナーをつくりました。世界のスタートアップ企業やテクノロジー情報をまとめて読むことができます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン