/

この記事は会員限定です

[社説]苦渋の民意を受け止めたい

[有料会員限定]

米軍基地の建設が進む沖縄県名護市の市長選で、基地反対を訴える新人を、自民、公明両党が支援する現職が退けた。基地建設を止めないというのは名護市民にとって苦渋の判断だ。その重みを国民全体でしっかり受け止めなければならない。

現職は基地建設について「沖縄県と国の係争を見守る」と賛否を明らかにしていない。ただ、基地建設によって国から配られる交付金で保育や学校給食を無償にした実績を訴え、高齢者のバス無償化...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り582文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン