/

この記事は会員限定です

[社説]在宅勤務用の裁量労働制で働きやすく

[有料会員限定]

新型コロナの感染拡大が止まらず、テレワークの活用が改めて求められている。感染症に強い社会をつくるため、在宅勤務をニューノーマル(新常態)の働き方として定着させる必要がある。

企業にとっては自律的な働き方を広げ、成果による評価を浸透させて成長力を高める好機でもある。労働時間規制を見直し、1日の時間の使い方について個人の自由度を上げるなど、テレワークのしやすい環境の整備が急務だ。

パーソル総合研究所の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り730文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン