/

この記事は会員限定です

[社説]無戸籍生まない嫡出推定に

[有料会員限定]

法制審議会の部会が、民法の「嫡出推定」制度の見直しに向けた中間試案をまとめた。無戸籍で苦しむ人をなくすための、大事な一歩にしたい。

嫡出推定とは、子どもの父親を早期に決めるための制度だ。子どもの養育環境を、出生直後から安定させる狙いがある。

だが、これが逆に働くことがある。子どもにとって不安定な状況である無戸籍の要因になっているのだ。

例えば、現行規定では離婚後300日以内に生まれた子は別れた夫の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り552文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン