/

この記事は会員限定です

春秋(3月24日)

[有料会員限定]

「他山の石」という成句は、中国の古典「詩経」が原典と聞く。よその山から出た粗悪な石でも、自分の宝石を磨くのに利用できる。「他人のつまらぬ言動も自分の人格を育てる助けになる」という意味だ。少しくだけた表現なら「人のふり見て我がふり直せ」に近い。

▼文化庁が過去に実施した「国語に関する世論調査」で、「他山」の意味を尋ねたところ、興味深い結果に。本来の用法と異なり、「他人の良い行いを自分の手本にする」と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り361文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン