/

この記事は会員限定です

[社説]成果問われる異色の三井住友・SBI提携

[有料会員限定]

三井住友フィナンシャルグループSBIホールディングスが資本提携する。個人顧客の預金を大量に抱えるメガバンクと、個人投資家を中心とするネット証券最大手という異色の組み合わせだ。

金融デジタル時代に「貯蓄から投資へ」の潮流を後押しし実のある本格提携に深化できるか。新たな銀証連合の成否を見極めたい。

三井住友がSBIの第三者割当増資に応じて約800億円を投じ、議決権比率の約10%を握る大株主となる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り590文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン