/

この記事は会員限定です

ESG開示基準、幅広い知見で 新団体議長にダノン前CEO

[有料会員限定]

ESG(環境・社会・企業統治)情報の開示基準をつくる国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)の議長に、仏ダノンの前最高経営責任者(CEO)、エマニュエル・ファベール氏が選任された。IFRS財団が発表した。2022年1月から活動を始めるファベール氏に、審議会の運営や基準づくりの見通しなどを聞いた。

――どのような方針で議長を務めますか。

「審議会メンバーの意見をよく聞き、コンセンサスを重視しなが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1459文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン