/

この記事は会員限定です

[社説]公平で機動力のある再分配制度を

資本主義を磨く

[有料会員限定]

社会保障など今の日本の再分配制度は社会・経済構造の変化に合わせたモデルチェンジができていない。共働きを勘案せずに主たる生計者の年収が960万円未満という基準で10万円給付の対象を決めてしまったのは、その象徴といえる。真の弱者に適切な支援を届ける安全網を構築しなければ、日本の資本主義は持続力を失う。

共働き考慮した給付に

夫婦の年収が各900万円の共働き世帯は18歳以下の子ども1人につき10万円が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1481文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン