/

この記事は会員限定です

革新か呪術か バイデン米政権が探る「現代供給経済学」

Global Economics Trends 編集委員 小竹洋之

[有料会員限定]

「モダン・サプライサイド・エコノミクス(MSSE=現代版の供給重視経済学)」――。米国のイエレン財務長官はバイデン民主党政権の成長戦略をこう呼ぶ。レーガン共和党政権に影響を与えたサプライサイド・エコノミクス(SSE)とは似て非なるものである。

1月21日、世界経済フォーラム(WEF)のオンライン国際会議「ダボス・アジェンダ」。イエレン氏はそこでMSSEの必要性を訴えた(Remarks by Secretary of the Treasury Janet L. Yellen at the 2022 'Virtual Davos Agenda' hosted by the World Economic Forum

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3941文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン