/

この記事は会員限定です

アルファベット乱立のESG 市場拡大の効果検証が重要

編集委員 小平龍四郎

[有料会員限定]

TCFD、TNFD、SFDR、SASB、IIRC……。投資の世界で、こんなアルファベットの省略語を頻繁に目にするようになった。どれもESG(環境・社会・企業統治)に関連する重要な事柄だが、あまりの乱立ぶりに投資家の戸惑いは深まる。言葉の表面を追うばかりでは、ESGは短命のブームに終わる。本質を押さえた議論が欠かせない。

Nikkei Views

編集委員が日々のニュースを取り上げ、独自の切り口で分析します。

アルファベットの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2186文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン