/

この記事は会員限定です

[社説]中銀デジタル通貨の議論を官民で深めよ

[有料会員限定]

中央銀行デジタル通貨(CBDC)の発行をにらんだ動きが各国で加速してきた。もはやCBDCが広く普及した世界は絵空事でなくなりつつある。日本も官民で議論を深め、デジタル時代の通貨のあり方を本気でさぐるときだ。

米連邦準備理事会(FRB)は先月、CBDCの是非を検証した初の報告書をまとめた。両論併記の内容だが、基軸通貨国で議論が本格化したのは大事な一歩だ。

大きな利点に挙げたのがドル覇権への貢献だ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り735文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン