/

この記事は会員限定です

都議選の趨勢占う「スイングシティー」

点照

[有料会員限定]

東京都議選の告示まで1カ月。緊急事態宣言が解けず、五輪の是非を問う声が高まる中、都民ファーストの会や自民党は勢いを欠き、野党共闘の成否も見通せない。小池百合子知事の動向がカギを握る展開になりそうだ。

米大統領選では、全体の趨勢を占う「スイングステート」と呼ばれる州があるが、都議選にもいわば「スイングシティー」といえる選挙区がある。代表的なのが党勢を映しやすい1人区だ。

全42選挙区(定数127)の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り751文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン