/

この記事は会員限定です

[社説]企業は今こそ「攻め」のデジタル変革を

脱・デジタル後進国

[有料会員限定]

新型コロナ対応で政府のデジタル化の遅れが顕在化したが、企業セクターでもデジタル化の進捗は冴(さ)えたものではない。

IT投資は米欧に比べて活発とはいえず、おそらくその帰結として日本の労働生産性は低水準を続けている。競争優位性が高いはずの製造業に限っても、2000年には経済協力開発機構(OECD)加盟国の中で首位だった労働生産性は、18年には中位の16位まで後退した。

米GAFAのような世界的な存在...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り694文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン