/

この記事は会員限定です

[社説]スプーン有料化で意識改革を

[有料会員限定]

政府はプラスチックごみを減らし資源として循環させるための新たな法案を今国会に提出した。新型コロナウイルスで宅配や持ち帰り需要が伸び、使い捨て容器を使う場面が増えているが、脱プラの流れを止めてはならない。メーカーや小売り、消費者が一体となって取り組みを加速させたい。

新法案では、プラ製品の設計から販売、廃棄、リサイクルまで段階に応じた対策が盛り込まれた。なかでも注目されるのが、コンビニエンスストアや...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り570文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン