/

この記事は会員限定です

[社説]常軌を逸した香港の言論弾圧

[有料会員限定]

香港の言論・報道の自由が失われようとしている。「一国二制度」の香港は独裁体制の中国と世界を結ぶ貴重な情報のかけ橋だった。それが一方的な香港国家安全維持法(国安法)施行で一変し、市民の知る権利が脅かされている。メディア弾圧は明らかに常軌を逸しており、強く抗議する。

中国共産党に批判的な香港紙・蘋果日報(アップル・デイリー)は、資産凍結の解除がない限り新聞発行は困難としている。既に金融ニュースの更新は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り584文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン