/

この記事は会員限定です

ウクライナが問うサイバー防衛(上) 積極的防御がカギ

編集委員 小柳建彦 ロシア撃退した国際官民「連合軍」

[有料会員限定]

ロシアによる侵攻に対し、ウクライナのサイバー領域での善戦が注目されている。軍事侵攻の何カ月も前からロシアが仕掛けたサイバー攻撃を早期に探知できたうえ、攻撃に対しても被害を最小限に抑え、政府やインフラを機能させ続けている。その戦いぶりからは、日本のサイバー防衛の課題も見えてくる。

ウクライナ人よ、最悪を覚悟せよ

米マイクロソフトの解析によると、ロシアは2021年春ごろからウクライナ侵攻に向けた準備...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2195文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

2022年2月、ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響 

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン