/

この記事は会員限定です

「文科省がうるさく言う」 森氏失言の深層に古びた意識

編集委員 大林 尚

[有料会員限定]

「なかなか見つからないんですよ、いい女が」。こう聞かされたのは、小泉政権末期と記憶しているので2005年ごろだったと思う。ある中央官庁の局長室で取材を終え、席を立ちかけたときだった。局長は「どこをあたればいいですかねぇ」と続けた。

彼は所管する審議会委員の人選に悩んでいた。政府の男女共同参画推進本部が06年3月末までのできるだけ早い時期に、審議会委員の女性割合を30%に高める目標を定めたのは00年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2126文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン