/

この記事は会員限定です

底堅いロシア経済に潜む死角 並行輸入・中印輸出に限界

編集委員 坂井光

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

ロシアによるウクライナ侵攻開始から9カ月が経過した。西側諸国からかつてない厳しい制裁を受けるが、経済は予想を上回る底堅さをみせている。この強さは持続可能なのか。

2022年はマイナス6.0%から同3.4%に、23年はマイナス3.5%から同2.3%に――。国際通貨基金(IMF)が10月に改定した世界経済見通しで、先進国・地域の国内総生産(GDP)成長率が軒並み下方修正されるなか、ロシアはマイナス成...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1800文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
ウクライナ侵攻

2022年2月、ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響 

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません