/

この記事は会員限定です

[社説]将来性高いゲノム編集食品

[有料会員限定]

ゲノム編集という新技術で血圧を下げる成分を増やしたトマトが2021年春にも国内で流通する。厚生労働省がメーカーの届け出を受理した。世界の先端をいく成果だ。同技術の応用範囲は広く、将来性は高い。消費者の理解を得ながら官民で丁寧に育てたい。

ゲノム編集技術は狙った遺伝子配列を容易に変えられる。農畜産物や食品の開発に大きな変革をもたらすと期待され、今年のノーベル賞の受賞対象にもなった。

筑波大学発ベンチ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り578文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン