/

この記事は会員限定です

春秋(1月24日)

[有料会員限定]

JR新宿駅の構内には以前「アルプス広場」があった。1980年代半ばまでは、シーズンになると長野方面へ向かう夜行列車を待つ登山靴の男女が朗らかに語り合っていたものだ。昨年の東西自由通路の完成に伴い消滅、今は化粧室にアルプスの名が残るのみである。

▼東西の風通しは良くなったが、駅の歴史の残り火のごときものがひとつ消えてしまった気もする。古い随筆だが、作家の幸田文は駅の特徴について、こう書いた。東京駅に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り366文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン