/

この記事は会員限定です

マイナンバーの重み説こう 危機に発展する番号制度

上級論説委員 斉藤 徹弥

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

マイナンバーのような統一番号制度は徴兵や徴税が必要な戦争などの危機に発展してきた。国家は個人番号で国民を管理しつつ、福祉の充実で国民に生存を保証し忠誠を求める。政府がマイナンバー制度の定着を急ぐのも、こうした文脈で理解すべきだろう。

故国を失う悲しみと迫害を逃れた安堵を感じさせるピアノの旋律が12日、在ニューヨーク総領事公邸での福井県敦賀市長歓迎式で奏でられた。ユダヤ民謡と唱歌さくらさくらに着想...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1422文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません