/

この記事は会員限定です

[社説]飢餓ゼロへ日本も指導力を

[有料会員限定]

飢餓問題が深刻化している。今年のノーベル平和賞を受賞した国連世界食糧計画(WFP)によると、世界の約10人に1人はきょうの食事がなく、あす以降も食べ物を得られるかどうか分からない状態にある。彼らの命を救うために、国際社会は協力して援助の手を差し伸べなければならない。

国連は2015年、17項目からなる「持続可能な開発目標(SDGs)」を採択し、30年までに達成することを目指している。その2番目の目...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り567文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン