/

この記事は会員限定です

[社説]保釈中GPSは慎重な運用を

[有料会員限定]

世界を驚かせた日産自動車元会長、カルロス・ゴーン被告の海外逃亡事件のような逃走劇をどう防ぐか。対策を検討してきた法制審議会(法相の諮問機関)が、保釈中の被告に全地球測位システム(GPS)を装着させる制度の創設を答申した。

逃亡を防ぐ一定の効果が期待できる一方で、プライバシー侵害の恐れもはらむ。今後の制度設計と運用には慎重さが求められる。

保釈は起訴された被告や弁護士が請求し、裁判所が「証拠隠滅の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り564文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン