/

この記事は会員限定です

[社説]一刻も早い入管行政の刷新を

[有料会員限定]

人権上、大きな問題があるとの指摘を受けながら、長年、見直されることなくここまできた。一刻も早く改善に向け、取り組むべき課題ではなかったのか。

出入国管理法の改正案について、政府・与党がいまの国会での成立を断念し、法案を取り下げた。入管施設での外国人の長期収容を防ぐために提出していた。

施設に収容するかどうかの判断を出入国在留管理庁の裁量に委ねているなど、改正案にはなお論点や疑念があり、与野党の主張...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り557文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン