/

この記事は会員限定です

[社説]週休3日の議論は企業の主体性重視で

[有料会員限定]

希望者が1週間に3日休める「選択的週休3日制」の普及に向けた議論が政府・与党内で進んでいる。多様な働き方ができることは望ましい。うまく使えば働き手のメリットも大きいだけに、企業の主体性を重視し課題を含めた丁寧な議論を求めたい。

選択的週休3日制については、自民党の一億総活躍推進本部が20日に提言をまとめた。育児・介護と仕事の両立支援に加え、地方を訪れての兼業などもしやすくなると主張する。

週に3~...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り708文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン