/

この記事は会員限定です

デジタル空間に対中包囲網 米主導のデータ構想で火花

編集委員 西村博之

[有料会員限定]

日本も含めたアジア地域を網羅するデジタル貿易協定の構想をめぐり、米中の争いが激化している。米国主導の協定は自由なデータや情報の取引を促すと同時に、域内各国との関係を深めて中国をけん制するのが狙い。ただ、中国との対立を嫌う国々もあり対中包囲網を築けるかは不透明だ。

APEC首脳会議で習氏がけん制

「オープン、公平で差別のないデジタル分野のビジネス環境が必要だ」。21カ国・地域が参加し16日に開いたア...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1556文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン