/

この記事は会員限定です

最低賃金1000円めざす ウイング広げた菅政権

編集委員 大林 尚

[有料会員限定]

菅政権になって初めての骨太の方針(経済財政運営と改革の基本方針2021)が閣議決定された。今年の目玉のひとつは、最低賃金の引き上げだ。首相の知恵袋の一人である小西美術工芸社社長、デービッド・アトキンソン氏の持論でもある。

折しも22日、田村憲久厚生労働相の諮問を受けて中央最低賃金審議会が引き上げ幅の目安について議論を始めた。首相は、東京都などに3度目の緊急事態宣言を出した翌日、4月25日の日曜にア...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1971文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン