/

この記事は会員限定です

[社説]米新政権と連携して国際秩序の再建を

[有料会員限定]

米バイデン政権が始動した。早速、地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」への復帰、世界保健機関(WHO)脱退とりやめなどに関する大統領令を出し、国際社会との協調姿勢を明確にしたことを歓迎したい。日本としても積極的に連携し、国際秩序の立て直しの一翼を担いたい。

バイデン大統領が直面する最大の課題は、人種対立や経済格差によってもたらされた米国内の分断をどう和らげるかだ。

大統領選には勝ったが、トランプ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り714文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

バイデン政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン