/

この記事は会員限定です

[社説]新陳代謝を促し成長力高めよう

資本主義を磨く

[有料会員限定]

バブル崩壊から約30年が過ぎた。世界最大の時価総額を誇った日本の株式市場は見る影もなく、経済力を背景にした国際的な存在感は低下するばかりだ。

長い停滞の原因はどこにあるのか。たぐっていくと主役交代が起こりにくい産業構造に行き着く。企業と産業の新陳代謝を促して成長力を高め、日本の資本主義の活力を取り戻すときだ。

起業増やす仕組みを

「失われた30年」の間、日本の実質賃金(年額)は4%増にとどまる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1459文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

岸田政権

岸田文雄政権の最新ニュースをご覧いただけます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン