/

この記事は会員限定です

[社説]エネ戦略を数字合わせで終わらせるな

[有料会員限定]

経済産業省がエネルギー政策の長期指針となる「エネルギー基本計画」の素案を有識者会議に示した。再生可能エネルギーの比率をこれまでの2倍近くに引き上げるなど、温暖化ガスを2030年度に13年度比46%削減する約束の実現に向けた目標を定めている。

脱炭素の潮流に日本も歩調をそろえるには野心的な目標が必要だ。ただし、計画を数字合わせで終わらせてはならない。重要なのは安定供給や経済性に目配りしつつ、カーボ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り749文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン