/

この記事は会員限定です

南北同日ミサイル発射 自主国防か米中の先兵か

編集委員 峯岸博

[有料会員限定]

朝鮮戦争(1950~53年)後に逆戻りしたかのような光景だ。15日に北朝鮮と韓国がそれぞれ弾道ミサイル、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を発射した。分断国家の両国にとって米国、中国依存からの脱却をめざす「自主(国防)」路線の成果であっても、新冷戦とも呼ばれる対立下の米中双方には別の思惑が垣間見える。

北朝鮮が11、12両日の新型長距離巡航ミサイルに続き、国連安全保障理事会の決議に違反する弾道ミサ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2264文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

いま韓国・北朝鮮で何が起きているのでしょうか。 朝鮮半島の情勢は、日本の政治や経済に大きく関わっています。 このコラムでは、いま日本が知っておくべき朝鮮半島の政治・経済の裏側や、日本社会への影響などについて、日本経済新聞独自の視点でお伝えします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン