/

この記事は会員限定です

米欧の熱波、日本への影響は? 大雨や高温の引き金にも

編集委員・気象予報士 安藤淳

[有料会員限定]
■天気のなぞ 米国西部や欧州は6月に、熱波に見舞われた。最高気温がセ氏40度を超え、観測史上最高を記録したところもある。特に欧州は、それまでの寒いくらいの天候から急変した。上空の偏西風が大きく蛇行したのが原因で、欧州で異常高温が起きてから1~2週間のうちに、中国大陸から日本にかけての天候が大きく変わることがある。今後、梅雨末期の豪雨や猛暑のきっかけになる可能性もある。

気象庁の「世界の異常気象速報(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1241文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン