/

この記事は会員限定です

再びアフガンの呪縛か 「勝利」へ展望描けぬロシア

編集委員 坂井光

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

アフガニスタンでタリバンが政権を掌握したことで、ロシアが利害関係者として調停役に名乗りを上げた。米軍の撤退後の空白を埋め、影響力を及ぼす考えだ。しかし、米国の「敗北」をロシアの「勝利」につなげる展望は見えない。

Nikkei Views

編集委員が日々のニュースを取り上げ、独自の切り口で分析します。

「西側の多くの政治家は他の国や人々に政治的生活や行動様式を強いることが無意味だと気づいたと思う」。20日、プーチン大統領はモス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1881文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

アフガン情勢

アフガニスタンでイスラム主義組織タリバンが首都カブールを制圧し、大統領府を掌握しました。米国は2001年の米同時テロをきっかけにいったんはタリバンを打倒しましたが、テロとの戦いは振り出しに戻りました。アフガニスタン情勢を巡る最新の記事をこちらでお読みいただけます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン