/

この記事は会員限定です

春秋(1月21日)

[有料会員限定]

コロナ禍の収束が見通せない中、警察活動は依然、各地で続いているらしい。お巡りさんや刑事さんではない。店を開けていないか、マスクをしているか、東京から来てはいないか――。目を光らせているのは自粛警察、マスク警察、帰省警察と呼ばれる人たちである。

▼取り締まりにかける意気込みは、本職にも負けていないようだ。マスク警察はさらに進化中だそうで、感染予防の効果は不織布製の方が高いという実験結果を聞いたからか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り361文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン