/

この記事は会員限定です

[社説]日本主導で自由貿易圏広げる努力を

[有料会員限定]

米バイデン政権の発足後に国際協調体制の立て直しが始まり、地球温暖化の防止や法人課税の改革などを巡る協力に進展がみられるのは喜ばしい。だが自由貿易圏の拡大・深化については、目ぼしい成果を得られぬままだ。

米中両国の覇権争いや新型コロナウイルス禍で滞った貿易の活性化は、世界経済の成長を左右する重要な課題である。保護主義の行き過ぎを封じ、モノやサービスの輸出入を自由化する努力を続けていかなければならない...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り719文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン