/

この記事は会員限定です

[社説]五輪の辞任劇が問う人権感覚

[有料会員限定]

東京五輪・パラリンピックの楽曲制作を担当する小山田圭吾氏が辞任した。過去のインタビューで語った障害ある生徒へのいじめに国内外から強い批判が出ていた。

五輪憲章は差別の禁止と人権をうたう。「多様性と調和」は今大会の中核のビジョンだ。開会式の担当者は、メッセージを具現化する重要な役割を担う。

組織委員会は記事を把握していなかったという。本人の謝罪・反省を理由にいったんはすぐに続投を表明した。知的障害の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り589文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン