/

この記事は会員限定です

[社説]持続的な賃上げへ労使は改革で道筋を

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、春の労使交渉が始まる。着実な景気回復のためには消費喚起につながる賃金の引き上げが一段と重要になっている。労使は持続的な賃上げができる基盤づくりへ議論を深めるべきだ。

経団連が交渉指針となる経営労働政策特別委員会(経労委)報告をまとめた。業績が好調な企業に対し「ベースアップの実施を含めた、新しい資本主義の起動にふさわしい賃金引き上げが望まれる」と明記した。ベ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り719文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン