/

この記事は会員限定です

[社説]政治の責任に向き合う論戦に

[有料会員限定]

岸田文雄首相の施政方針演説に対する各党代表質問が始まった。今国会は新型コロナウイルス対策や経済再生など山積する懸案に道筋をつけるとともに、夏の参院選に向け有権者に選択の判断材料を示す重要な舞台だ。課題に正面から向き合う論戦を望みたい。

昨年10月に就任した首相が長丁場の通常国会に臨むのは初めてだ。変異型「オミクロン型」によって感染が急拡大するなか、立憲民主党の泉健太代表がまずただしたのも政権のコ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り563文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン