/

この記事は会員限定です

日韓首脳が懇談、最悪脱出へ窮余の「3つのクッション」

編集委員 峯岸博

[有料会員限定]

岸田文雄首相と韓国の尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領が21日、米ニューヨークで30分間ほど話し合った。日韓の首脳として2年9カ月ぶりとなる対面による協議となった。「国交正常化後で最悪」とされる関係の修復には慎重さが求められる。舞台裏では国内の反発を抑えるための窮余の策として「3つのクッション」が用意されていた。

両者の歩み寄りを阻むのは、ともに「内政」の壁だ。日本の自民党議員らは元徴用工問題で韓...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2315文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

いま韓国・北朝鮮で何が起きているのでしょうか。 朝鮮半島の情勢は、日本の政治や経済に大きく関わっています。 このコラムでは、いま日本が知っておくべき朝鮮半島の政治・経済の裏側や、日本社会への影響などについて、日本経済新聞独自の視点でお伝えします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン