/

この記事は会員限定です

[社説]イランは核の挑発をやめよ

[有料会員限定]

イランが濃縮度を60%に高めたウラン生産に着手した。核爆弾の完成がさらに近づく。米欧などがイランと交わした核合意の重大な逸脱行為である。

核兵器の入手は断じて許されない。イランは中東の緊張を高める挑発をやめなければならない。国際社会は連携し、イランを対話につなぎとめる必要がある。

米国のトランプ前政権は核合意から2018年に離脱し、対イラン制裁を再開した。反発するイランは合意で3.67%に制限され...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り577文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン