/

この記事は会員限定です

バイデン政権100日の幸運 「中間層重視」にリスクも

論説委員長 藤井 彰夫

[有料会員限定]

バイデン米大統領の就任から4月末で100日になる。米国では政権最初の100日は「ハネムーン期間」と呼ばれ、この間は野党やメディアも政権批判を避ける慣行がある。とはいえ党派対立が激しくなった最近のワシントンでは、こうした慣行も廃れ、就任初日からメディアとケンカを始めたトランプ前大統領には蜜月期間は皆無だった。

バイデン政権の滑り出しはどうだろうか。米調査会社ピュー・リサーチ・センターによると、政権1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1911文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン