/

この記事は会員限定です

[社説]ワクチン接種は国主導で万全の体制に

[有料会員限定]

政府は2月下旬までに新型コロナウイルスのワクチン接種を開始する方針だ。担当閣僚を新設し、河野太郎規制改革相を任命した。国内では前例のない大がかりな接種に向け、国が自らの責任を明確にし、リーダーシップをとることが重要である。

急務となるのが各地での接種体制の整備だ。最初に承認される見通しの米ファイザー製ワクチンはマイナス約75度に保つ必要があり長期保管できない。一度に数百人単位で注射するのが望ましく...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り710文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン